結婚相談所の噂についての真相

今回は結婚相談所に対する残念な勘違いを連発という話をしていきます。

まず一つ目が結婚相談所っていうのがモテない人の集まりなんでしょと勘違いされてる方非常に多いんです。
がこれははっきりで違います。
モテない人の集まりではなくって結婚相談所は結婚したい人の集まりなんです。
もちろん自力で出会いを見つけて結婚できない人が登録しているところにはなるんです。

けれども決してもてない人がたくさん集まっているということではありません
実際にご覧いただければ分かるんですがすごく20代で可愛らしい女性も登録されてるんです。

それを見ていただければモテない人ばかりが集まっているのが結婚相談所というわけではなくて周りの環境ですとお仕事環境で全く出会いがなくてこの年齢まで独身できてしまったとか。
そういう男女が自力で出会いを見つけるのが難しいから結婚相談所を利用して結婚したいということで集まってきます。
実際に活動していただければ本当にびっくりされると思うんです。
モテそうな男女といった偏見はですね早く捨てていただければと思います。

二つ目が低年収の自分じゃ相手にしてもらえないんでしょと男性は思いがち。

ただあの年収が低ければ難しいです。
例えば100万円代とか50代なのに年収が200万円とか
遊びと本当に極端に年収が低いかというのは女性も年収を見てます。

かその時点でどうしても難しくはなってしまうんです。
けれども平均よりも少し少ないとかそのぐらいの年収であれば全く相手にしてもらえないということはありません。
年収を重視する女性ばかりではないからなんです。
確かに世の中には年収一千万円以上じゃないと私は絶対に結婚したくないとか年収3000万円以上じゃなくて絶対嫌と言われる女性もたまにいらっしゃいます。
そういった女性に限って自分自身を客観的に見ることができていないです。
38歳の容姿が普通の女性が31歳の年収700万円の男性に申し込んでみたり
37歳の容姿普通の女性が33歳の年収一千万円の男性に申し込んでしまうということもありえます。

男性会員様にもすごく素敵な方がたくさんいらっしゃるんです。
年上の女性からバンバンを申し込みが実際に来てます。
ただそういった条件のいい男性っていうのは年下の女性からもバンバンお見合いの申し込みくるわけです。
あえて年上の女性を選ぼうとはしないんです。

総合的に考えるとやはり自分よりも年下の可愛らしい女性とお見合いしたい会ってみたいっていうのが正直なところだと思います。

理想が高すぎるとか年収何千万円以上じゃなきゃ絶対嫌と言ってる女性に限ってやっぱり理想と現実というのがわかっていない方が多いのかなと感じます。
本当に賢い女性というのはこの理想と現実の違いというものをしっかり理解されています。

例えば女性の理想が700万円以上の男性がいいなと思っていても
現実的に考えるとやっぱり700万円以上の男性なんでそんなにない
だから現実を考えると二人で年収500万円以上であればいいかなということで許容されるんです。
その結果該当してくる男性増えますから早々に結婚しやすくなる
反対に700万円以上じゃなきゃ絶対やだ一千万以上じゃなきゃと言ってる女性はずっと結婚できないのは男性に相手にされないまま1年2年3年と婚活祈願ばっかり長くなって自信も年齢を重ねてしまうとご自身が年齢重ねているにもかかわらず条件は当初のままです。

もっと結婚しにくくなってしまうそして結果婚活難民になってしまった
この闇理想と現実のギャップを知っていなければ婚活難民になってしまう恐れがあります。

ぜひ低年収の自分じゃ相手にしてもらえないということはまずありませんので本当に賢い女性であればある程度年収がです。
平均男より低くてもご自身の中身ですとか人柄に魅力を感じればそこの部分を考慮してです。

前向きに検討してくれると思います。

のでぜひ年収だけで女性が男性を選んでいるという偏見をまずなくしていただければと思います。

どうせ売れ残りのおばさん 登録してるんでしょと男性は思いがちです。
でもこれは違うんです。

実際には私の結婚相談所でも二十歳の女性が登録されていらっしゃいます。
その他にも20代の非常に綺麗な女性可愛らしい女性も登録しているんです。

なぜ20代で美人な女性が登録をしているかと言うと将来を見据えて自己投資のために良い結婚相談所に登録をしているということです。
女性は男性と違って自分が子供を出産して育てなければいけないそういった考えが根底にあります。

やっぱり若くして結婚して出産しておいた方が自身のためにとっても非常に楽なんです。
そう言ったことを女性は早い段階で考えて自分の将来設計を立てると結果的に結婚相談所に入った方がいい
日常で出会えない男性と出会えると結果良いご縁があればすぐに結婚できるそうなったら早いうちから結婚相談所に登録して活動するのもありだな
ということで賢い女性ほど若い年齢で結婚相談所に登録されていらっしゃいます。

適齢期を過ぎて結婚相談所に焦って書き込む女性もいらっしゃるんです。
がその一方で本当に賢い女性将来を見据えてる女性っていうのはそのな女性にならないためにも若いうちから婚活をして行こうという考えのもと動かれていらっしゃいます。
ですから売れ残りのおばさんばっかりが登録しているということではありませんがたくさん結婚相談所のうわさ話です。

ご自身が勝手に思い込んでいる偏見とかそういったものが合わさってあんまり相談所ていいイメージがないかと思うんです。
けれどもひとつずつ紐解いていくと思い込みであったりただの偏見だったということがよくあります。

もし結婚相談所に入るのならば、事前に結婚相談所の比較をしておくといいですよ。

「内部の人が教える」結婚相談所の選び方

本日はリアルな婚活の裏側というお話をしていきます。
先日このような質問をいただきました
仲人業か横のつながりが大切だと聞いたことがあります。

やはり入会するのは昔からある長年続いている相談所の方が有利なのでしょうかこういったご質問頂きました

多くの結婚相談所は、 IBJ と言いまして日本結婚相談所連盟に加盟しております。
なのであのそれ以外 IBJ 以外のところのルールはもう全くわからないので言えないんですがこの私が今加盟している IBJ に限ってはです。

この横との繋がり大切かといえばそうではないと言い切れます。
返事は No と言い切れるんです。

なぜなら例えば私のこの男性会員様が女性に申し込みをしたとします。
で申し込みが行き着く流れでこの男性がご自身で検索をかけて素敵な女性だなと発見します。

この時点で申し込みボタンを押すんです。
するとまず私の所に行きます。
私の管理画面にこの男性がこの女性に申し込みをしようとしています。
取り次ぎますかという連絡が来ます。
当然取り次ぎます。

そうすると次に女性の相談所側にこの男性からこの女性に申し込みが来ています。
取り次ぎますかという連絡です。

そうすると初めてこの女性に今男性から申し込みが来てますよという連絡が来るんです。

この時点でこの女性はこの男性のプロフィールを見ます。
プロフィールを見てこの人と会いたい会いたくないを決めるんです。
当然会いたいと思えば Ok 返事をします。
Okですと会います。

するとこの相談所がとりついた時点で男性と私の方にも Ok の返事が来ます。

この時点でお見合いが成立するんです。

あとは私と相手相談所のこの2者間でお互いの会員さんに日時とか場所聞きながらどうしましょうかということで連絡を取り合ってお見合いの日時と場所を決定していきます。
これが IBJ 内でのお見合いが決まるまでの流れになります。

で例えばですね私の相談所と相手相談所めちゃくちゃ仲が良かったとします。

いろんな細かいことでも相談できてご飯にも週一ぐらいで一緒に食べに行くぐらいめちゃくちゃ仲が良かったとします。

私がこの相談所に頼み込んで自作の男性なかなか決まらないんだよね~と
すごく優しくて結婚相手にはもってこいだから女性にプッシュしてくれないということで相手相談所にお願いをします。

相手相談所はこの女性に「この男性めっちゃくちゃおすすめだから一回会ってみなよ」
会ってくれたら絶対にあの優しくて素敵な男性だとわかってもらえるからぜひぜひ会ってみてとプッシュされます。

ただこの女性の気持ちになっていただくと分かると思うんですがまず自分のタイプタイプじゃないかもしれません。
そして結婚したくても会いたい人と会いたくない人います。

いくら自分の相談所にプッシュされても生理的に無理そうとかなんか気が乗らないという男性であればいくらおすすめされても答えはノーです。

会いたくありませんという返事になります。
あなたも反対の立場になって考えてもらえれば分かると思うんですが
私がこの女性は猛プッシュしました
あなたにただ自分より年上だしなんといっても容姿がタイプじゃないと全くタイプじゃなくても会いたくもないとそんな人を私にプッシュされてもやっぱり申し訳ないんです。
気分乗らないのでお断りでお願いします
という返事になります。

いくら関係が良好で横のつながりがすごく固かったとしてもそれだけでお見合いが成立しやすくなるなんてことはまずありません。
本当に大切なのはこの女性が男性のプロフィールを見て会いたいと思うことです。

このように思ってもらえる男性の魅力あるプロフィールを作るのが私の役割だと思うんです。

力を入れるべきところはこの相談所今 IBJ には約1500社が加盟しているんです。

いろんな相談所と仲良くして横のつながりを深めることではなくて
自分の会員さんのプロフィールをしっかり作り込むことだと思います。

めちゃくちゃ仲良くなったところでそのぶんお見合いが決まればいいんです。
そうではないと私は分かってるのでメチャクチャ仲良くなるつもりもありません
もちろん嫌われてしまえば相談所のところで取り次いでもらえないので
お見合いが決まりにくくなる可能性もあります。
きちんと連絡を取り合って最低限のルールをしっかり守っていればまず嫌われることはありませんので必要以上に仲良くする必要もないなと思います。

私はそう男女間の横のつながりをめちゃくちゃ深めるところに時間を割くよりかは自分の会員さんのプロフィールをしっかり作りこんで素敵な写真を撮影するとここに本当に力を注いでいます。

でその結果やっぱりお見合いもドンドンドンのきまりやすくなります。
それが会員様のためになるのではないかなと感じております。

ねあの古い結婚相談所だから横のつながりがしっかりあるからお見合いが簡単に決まるかなとはそういう考えは捨て去っていただいてまず自分と相性の合うカウンセラーかどうかそしてサービス内容に見合った料金体系なのかそういうたところをひっくるめてそこの相談所にお願いするしないというのは決めていただきたいなと思います。

婚活カウンセラーは知っている 謙虚な人間がモテる

結婚できる男性でまた婚活しても結婚まで至らないようなタイプの男性っているんです。

どこで見分けをつけるかっていうのは女性がすごく知りたいところだと思うのでちょっとこの画面をずっとご覧になってて自分もそう言われてと知り合うと努力してるかあるいは今お付き合いしているからそのタイプに当てはまってるかまたは真剣交際まで言ってるんだけどどこか違うなと思ってこれこれだそうなんだと思ったらもうちょっと考え直すか。
そういうことをちょっと考えるヒントにしていただきたいなと思ってます。
婚活して結婚できるタイプ男性は、決まってねこの四つに当てはまる方なんです。

結婚できるから結婚相談ですよ
結婚しようと思って入ってるから必死なんです。

みんなで女性は妊娠出産の時期もあります。
デートをして相手の男性で何もやってくれないと言ったそれは疲れます。

それはカウンセラーさんとか本当にそこは気遣いを持って言葉選んで欲しいなと思います。

街で見つけられないと認識しているって言う男性です。
もうこれで見つからないんだと思う人って家にはもう最近の29歳とか33とか31とかいう男性が結構早めの年齢で婚活しようと思って決心してっていうような人たちもいます。
でも彼らはプライドが見つけられないなと認識してるわけです。

恋愛で見つけられないから結婚相談所にここでまたね変わった男性はプライド高いんです。
プライド高いからこういう人達はどうなると1年2年付き合いとどうなる

35歳過ぎても自分の力の恋愛で見つけられなかったら
あなたには何か足らないんだって
所を教えていろんな知識家の工夫を教えてくれるところが結婚相談所で
そこでやっぱり素直な気持ちになって教えてもらうっていう風な謙虚な気持ちに
代わってくださいそうすると35歳以上であろうであろうが45歳だろうが見つかってます。

謙虚な人ですよ、お人柄でそこはやっぱりこの四つはあるんです。
けど人柄ってやっぱり本当見てたら出てきます。

謙虚な人達はやっぱりで相手の女性達だったらうまくいきますね相性的にはいいです。
そこで賢い男性たちはもうこういうところを利用するわけです。
相手の人間性を見抜く力がまだ20代の僕に当たらないなとか30歳の僕に当たらないなってわけです。
それも自分でちゃんと自覚してるにも関わらずそれを認めたくないって言う男性は愚かと思います。

真剣交際になってからその担当者様の男性にもう半年っていうルールがあるので
半年にプロポーズしててのご両親にもこうやっているところまで守ってくださいね
って言うと担当者の前ではわかりましたって
でも他の女性に入ったって僕は嫌だなとか言ったらいいとかずっと付き合うと彼の前ではずっと続けて私の待っています。

開かないでもそんなのもの好きな男子についていく必要なたった一回の人生なんです。
自分の人生大事にしてくださいもうそういうもの時はもうそういう付き合うのが好きな女性を相手にしてたらいいんです。

早めにできるような仕組みが家から近くだって認識してその気持ちが担当者との信頼関係を築くという意欲がある
またそこで交際がいろんな中で何かあったりちょっと違うトラブルに見舞われても私たちが助けて助けてるのと全く助け舟を持たないような人間関係しか築けないようなだってそういう人をねやっぱり女性を選ぶべきではないです。
やっぱりあの人徳のある男性は誰かから助けられてね誰かのちんとか工夫をされて そうだよね

モテ男のポイント

 

5位デートの主導権を握ることということになります。

そんなに難しいことではないんです。
例えばデートプランをたてるときも女性がしたいことを予めいくつか聞いておいてその中で男性がデートプランを組み立てるです。

とか食べるものですよね入る、お店はこことここどっちがいいということで女性に尋ねて
そして女性がこっちがいいということであればここに行こうかということでそういったデートのプランです。

とかどこに行くっていうものは女性に意見を求めて
最終的に決めるのは男性であなたとやり方をしておけばデートの主導権を握ると言ってもあなたがすべてデートプランを立ててあなたが全部考えて行動しなければいけないということではないので二人でデートを組み立てて楽しめるということになります。

ただいざという時最終的な決定打はあなたがとるとそうすることによってデートの主導権を握ることができます。

女性も自分の行きたい所を男性に伝えることによって二人で楽しいデートを作り上げることができます。

ぜひ女性とどこに行くとか何を食べるということで何分も悩まないように決断力は早めに素早く行っていただければと思います。

第4位です。
スマートな会計ということになります。
これはのデート費用全て男性が払うべきということではなくってお見合いです。

一番初めにお会いした時のお返しがある男性ならあなたが本当にお会計を済ませてあげることで女性にとっては自分は男性にとってそれだけ価値がある人だったんだなとか、あとは男らしいなとかあ頼りがいがあるなという印象をつけるためのものになります。

是非も二回三回もう男性が全てごちそうすべきとは言いませんけれどもお見合い時は男性です。

スマートにお会計を済ませられた方が印象としてはやはり悪くはならないと思います。

続いて第3位です。

好意があれば積極的に誘うことになります。
最近では女性が積極的に男性をさそわれるケースもあるんです。
男性が積極的に女性をデートに誘うということがやりまだまだ主流になってます。

あなたももし女性に好意を持っているのであれば
頭であれこれ悩むのではなくて女性を積極的に誘うことをお勧めいたします。

行動に出してあなたに好意があります。

女性に伝えることが出来ればです。

段階で女性はあなたの好意に応えるか答えないかという結論を出してくれます。

答えてくれなければその方はご縁がなかったということでまた別の女性にアタックすればいいです。

あなたの誘いに女性が乗ってくれたのであればそれを何度も繰り返すことによって最終的に結婚に息吐くというケースが結婚相談所で成婚退会になります。

のでぜひ声があるのであれば頭であれこれ悩まずに積極的に行動に移していただければと思います。
続いて第2位です。

お店の予約をしておきましょうということです。

何度もデートを重ねている中で毎回毎回してください。

ねということではなくお見合いがありましたってその次初デートになります。

その時はお店にスムーズに入ってお互いを知るための会話に時間を割きたいので初デートのお店はやはり予約をしていただきたいと思います。

土曜日日曜日のランチ時って結構こみあったりとか並ばないといけなくなります。
そうすると二人の貴重な時間がその女ラブだけの時間で何分を裂かれてしまうとそうするとお互い気まずくなります。

最終的に待つだけの気持ちに女性をさせてしまうケースもあります。
お店の予約電話をすれば何分もかからないと思います。

スムーズにお店に入って女性と楽しい会話ができるかと思います。
ぜひ初デートであればお店の予約は必須とで3回4回5回となる時にですねその時の気分によって入るお店とか入る場所も変わってくると思います。

のあらかじめ何店舗かあなたがリサーチしておいて入れそうなお店にすっと入るとこういった努力は最初は必要になります。
ぜひお店の予約ということです。

そして第1位は。

身だしなみを整えることになります。
身だしなみてとても大切になるんです。
清潔感があるような身だしなみをすることが非常に大切になります。

第一印象で髪がボサボサであったりとか服がしわくちゃであったりそんな男性が目の前に現れると女性はこの男性嫌だなと第一印象でそのように思われてしまえば会話中身で挽回する事ってお見合いの中の短時間では難しくなります。
ので実際に清潔にしているかどうかもうまもちろん大切なんです。
けれどもそれ以上に清潔に見えるるかどうかこれが非常に大切になります。

極端な話ずっとこの服を洗っていなくても変な匂いがせずにしわくちゃでなければこれを着ているだけで清潔感があるようには見えます。
反対に洗っているにも関わらず何かに生乾き臭がしたいとかしわしわの服を着ていれば清潔にしているのにそのように見えないとそうするともったいないです。
実際に清潔にしているしていないもちろん大切なんです。

清潔感があるように見えるかどうかこれが非常に大切なポイントになります。

デート中は清潔に見えるような身だしなみをしていただいて婚活をしていただければと思います。

婚活をする上でとても大切なポイントになります。

結婚相談所の愚痴

年収は1人歩きしてアナタの結婚相手を決める

今回は年収は一人歩きしてあなたの結婚相手を決めるというお話をしてみたいと思います。
女性が男性の年収をすごく気にされるというのは婚活では普通です。

けどその年収というのも男性も女性もやっぱり皆さん豊かな生活は送れ遅れると思うんです。
もちろん物質的に豊かているのは誰でも分かると思うんです。

年収の高い人を選のは難しいんです。

よそれに対してあーだのこうだ文句言ってても仕方ないんです。
何でも自分で決めたらそこは歩いていくしか仕方ないんです。

すごく依存心が強そういう人が例えばやってみてダメだったなと思うとき自分のせいにはしないのは自分のせいにはしない相手の巡り合わせが悪かったとかね結構その婚活 KOKO っていうところはいいところだと聞いてたけどね自分に合ってなかったら買ってないとか関係ないんです。

なんでかと言うと私は皆さんより経験値がある子を残してきたしいろんなことを体験してきたから皆さんに色々ご指導できる部分があるんです。
皆さんから学ぶもちろんもちろんあります。

けどそれ以上に私が学んできたことを皆さんにお伝えして結婚生活に活かして欲しいと思ってるわけです。
よねでそれを始めるからね否定しながらやる人っていうんです。

よやっぱり私は無理なとか体力的に無理だなとかもうでも申し訳ないです。
必ず 体調悪いってね何でか分かります。

自分が理想とするような男性に会えないから
自分が理想とする男性に会えないと言う事よりもそういう女性に聞いてほしいのは
自分が例えばこれぐらいの男性を目指すとすると
すぐこういうこれぐらいの男性と一緒に変更したいなって一緒に生活したいなと思うけどねじゃあこれぐらいの男性頑張っている社会に自分を空に飛び込んでみるわけよね
じゃあ体調悪いとか言ってられないよ皆さんこれぐらい以上になるとみんな男性は体調悪いから体調もう婚活やってるんです。

男性は一回やっぱりあの男性の仕事をやって変わっていってみたらいいと思う思ってるって毎回言ってます。
けどあの女性はだいぶ甘えてるです。

だから男性やっぱりこの人を検索して私の目を通してスクリーニングしてください。
って言ってるんだけどやっぱり本当にあっても同じだね
って言う人はやっぱり知恵と工夫はないし始めからの心構えが違うんです。

こういうセリフを吐かない人と心構えが違うのです。

なので私ところはその入会する時に従ってやっぱりこういうセリフを言いそうだなと思う方はお断りしてます。

やっぱりなだって1時間やってもらって結構出なかったら私ももんだもんね金んだろうけど私も残念だから嫌なんです。

やっぱりそういう人をサポートするのも担当者にそれぞれの担当者にお任せするのも嫌なんです。

だから絶対にあなたにあげてほしい男性はもちろん女性も年収が上がるとどんなことが起こるかと言うとあなたの世界があります。

けどあなたの友人知人の5人の友人を思い出してください。

5人の年収を出してください。
例えば男性400万円の人が 不思議なことになってくるでしょ。
だからこういうお友達をやっぱり総入れ替えして自分より年収が高い人と付き合うことです。
男性は特に世界観を変えないといけないです。

世界観だから自分が600万持ってるんだとしたら年収600万の男性だとしたらやっぱりその人と付き合うようにすること1000万から先の人でもいいです。
台湾の人3000万の人と連絡を取り合ってやっぱり中国語その人たちから学ぶことがすごく出そうじゃない限りはずっとこれ続けて
この無人島を続けてずっと会ったり話したり飲んだり食べたりしても全然当たらないから絶対買うことないです。

そこに同じようなとの知恵と工夫とか同じ世界観しかないのです。

けど私だけでそういう世界なんでどうしようもなくて
そこでお客さん紹介してもらおうと思ってるんでしょうか ?
オークションでもう一つ語り合いましょうとかいうあれじゃないすか
婚活サークルそこでもね違う人かねやっぱりな人だったらねやっぱりやめたほうがいいです。

そこじゃないでも世界を変えようとしても絶対かからないかこれはひとつよく覚えといてください。
で女性わかりやすいで言うとした女優さんなんかね1000万ぐらいあるんで三十歳です。
けどでこの子さん達の話をずっと私が聞いてるんです。

けどやっぱり彼女たちのお友達は年収900万だって500万だったら800万だってそうです。
これをするとやっぱりこっちじゃないですかこれから女性に女医さんに限らずです。

こっちにお見合い申し込みかける人が多いです。
意外と絶対成立しないし成立したってお見合いから交際まで発展しないで
なぜかと言うと考えてること今まで出会ったこと経験値
お金の払い方は違う仕事の取り組み方違うして家族構成は全部違うんです。
どうやって結婚するのそんな無駄なことやってるからこの人たった一人の世界観わからないというのは
そこにも気づかないような世界観を持ってるからダメなんだって言ってるんです。

やっぱり年収の話ってすごく大事なんです。
皆さんで年収って言ったらねやっぱりお金に目がくらんだ女みたいだね。
未だに考えてるような男性もいるけど
いい子になりたいんでしょ
自分たちだって言ったじゃん今からいうお話を覚えといて欲しいんだけど
高学歴でよくできて稼ぐ女性をやっぱり自分より年収が高かったら嫌ったり同じぐらいの年収のレベルだったらちょっと避けたりする人がいるんです。

家にも税理士さんとかいらっしゃった時期があってやっぱり彼女達は頭がキレる自分でどんどん稼いで、年収が1千万以上あった人もいます。
でもね彼女たちをかけない男がバカだと思います。

プライド高いっていう人がやっぱり人生は金に働かないです。
すごいカチカチな人が婚活してるかも男性でも女性でも頭カチカチです。

その代わり1000万ぐらいの女性が目指すところは1千万から先の男性を目指すもので

僕が500万しかなくって女性と一緒になるともこれ無理な話なので
皆さんが終わったら1000万ぐらいまで上げる努力をしてやっぱり自分の付き合う友達も交えてそれを変えていくところとか
お店で仕事の内容とかそういう光吸収してやり方を変えてもやっぱり自分でいかないと駄目です。

ねこの人たちがやっぱり見る世界が出るので年収は一人歩きしてあなたの結婚相手を決めるって書いてます。
けど本当に同じような男性と女性が出会った世界観を持ってる人同士でそしてやっぱり暮らしです。
その時に電話 高額所得者税金を払ってる日本でも同じです。

税金をそのぶん払ってるのでやっぱり偉いなと言う尊敬の念で見られてます。
すごいなってよく頑張ったっていう目で見られと日本の閉鎖的な社会でいるとそういう考え方をしてしまうのでやっぱり高額所得者ってねあの外国人です。

日本というのもしれんとやっぱりで高額になってるけど 食べ終わってまた違ってまた壁があっても死ぬまで壁をぶち破らないとだめだから高額になってるのはそのせいでもこちらの人に言うとそんなしんどいことできない諦めてしまうからこの辺で止まるわけです。